武者返しを直燗で

まずは蔵の中の広間で寿福酒造場の絹子さん、良太君が武者返しの直燗でもてなしてくれました。

炭で暖めると一段と美味しく感じるね。

そして焼酎を仕込む蔵の内部を見学。

蒸留器を前に良太君が上流について丁寧に説明

蒸留器を前に良太君が蒸留について丁寧に説明

蒸留器は思っていたよりも小型。

 

米に麹菌をまぶす麹室

米に麹菌をまぶす麹室

麹室は焼酎の肝と言ってもいい米麹ができる場所。

なぜかどこの蔵でもこの麹室は特別な空気をまとっている空間と感じる。

蔵人の魂が宿っているのかな。そんな風に思ってしまうほどに特別な何かを感じた。

仕込み用のタンク

仕込み用のタンク

仕込み前なのでまだ何も入っていないがもうすぐここで仕込みが始まると想像したらワクワクした。

人が」すっぽり入れる大きさ

人がすっぽり入れる大きさ

これも想像よりも小さかった。

完全手作りだからこれくらいが良いんだろうね。

外に出たら草木のからまった煙突が

外に出たら草木のからまった煙突が

この煙突使っていなのかと思いきやまだ現役とのこと。

すごい歴史を感じる味のある煙突でした。

人吉の素材を使った昼食

人吉の素材を使った昼食

熊本いえば馬刺しでしょ

熊本いえば馬刺しでしょ

「せっかくなら馬刺しを食べていき」と

夜には鹿児島に帰る我々のために絹子さんが昼食で馬刺しを食べられる店を手配してくれました。

どれも美味しいかった。やっぱり熊本で食べる馬刺しは格別。

今度はゆっくり焼酎の燗で味わいに来たいなぁ。

人吉市の風景

人吉市の風景

こちらは反対側

こちらは反対側

ちょうどお祭りがやっていて人吉を堪能。地元と方たちとも交流。

この旅のテーマが焼酎の風土を感じること。

この日は武者返しの故郷の空気をしっかりと感じられた。

 

 

 

 

 

名古屋で焼酎飲むなら、ナディアパーク近くの「焼酎Bar リー」。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
■ 焼酎Bar リー
■■ 〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-12-14 プリンセス遠山2F
■■◆ TEL:052-261-5333
■■■■ WEB:http://www.shochu-lis.com/
■■■■ ACCESS:地下鉄名城線・矢場町駅「6番」出口から徒歩約5分
■■■■■■■◆ 地下鉄東山線&名城線・栄駅「16番」出口から徒歩7分   
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
前割り焼酎、芋焼酎、麦焼酎、黒糖焼酎、米焼酎、ごま焼酎、栗焼酎、
しそ焼酎、琉球泡盛、自家製梅酒、コーヒー酒など400種類をご用意!
歓迎会、送別会、忘年会、新年会、女子会などの各種宴会にご利用ください。